東大寺修二会おたいまつ
by kasuga
1階ロビーに数年前に実際に修二会お松明で上堂したお松明を
飾っています。
おたいまつ
間近でみるお松明は結構な大きさで重量もかなりとなります。
練行衆が上堂する際の道明かりとして童子が1人で担いで上がります。
3月1日~14日まで毎日行われます。

東大寺修二会
東大寺二月堂「修二会」の法要は、正しくは「十一面悔過(じゅういちめんけか)法要」と言い、十一面観世音を本尊とし、
「天下泰平」「五穀豊穣」「万民快楽」などを願って祈りを捧げ、人々に代わって練行衆が懺悔(さんげ)の行を勤めるものです。
前行、本行をあわせてほぼ1ヶ月、準備期間を加えれば3ヶ月にも及ぶ大きな法要です。



|| 15:13 | comments (x) | trackback (x) | ||


NEW ENTRIES
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<  2019 - 04  >>
ARCHIVES
COMMENTS
TRACBACKS